トップ / コンピューターの検定試験

コンピューターの検定試験

コンピューターの資格

コンピューター関係の検定や資格

コンピューター関係の検定や資格については、様々なものが存在します。特に有名なものとしては、日商PC検定があります。単なるパソコンの操作ではなく、各分野における試験は数多く存在します。CGエンジニアに関係するもの、ウェブデザイン技能に関係するもの、CADに関係するものなど多数です。その他、ベンダー資格としては、MCP、オラクルマスターなどが有名ですが、昨今インターネットの隆盛で、やはり情報処理に関係する類が目立つようになっています。情報処理技術者試験はその代表的なものですが、この試験ではコンピューターのハードの部分・ソフトの部分とインターネットの情報分野の部分の両方をカバーします。就職において重要視されない資格が多い中、情報処理技術者試験は各業種で重用されることが多いと言えます。

コンピュータ,オンライン

コンピューターの検定試験とは

コンピューターの検定試験でメジャーなのは、パソコン検定試験です。その試験内容は、PCに対する知識と操作等の技能を問うものとなっており、評価として級という単位で難易度を示すものとなっています。この試験については、多くの団体が主催を行なっており、各地で試験が開催されています。年に数回開催されることも多く、社会人や学生が受検されます。その目的には、難しい上位級に合格すればキャリアアップや就職や転職などに有利とされるのでそれを目的とすることが多いです。コンピューターの検定試験は7割から8割の正答で合格となることが多い特徴が見られます。

↑PAGE TOP